ニュース

普天間など世界の米軍基地問題を追ったドキュメンタリー映画、チョムスキーも出演

世界各地の米軍基地問題を追ったイタリアのドキュメンタリー映画『誰も知らない基地のこと』が、4月から東京・渋谷のシアターイメージフォーラムほか全国で順次公開される。

同作は、世界の約40ヶ国に700以上存在する米軍基地をテーマにした作品。2007年にイタリア・ヴィチェンツァで起こった米軍基地拡大への反対運動を契機に「なぜ、戦後60年以上過ぎても基地をなくすことができないのか?」という疑問を抱いたイタリアの若手監督2人が、ヴィチェンツァをはじめ、インド洋のディエゴ・ガルシア島、沖縄の普天間など世界各地の基地周辺で取材を行ない、膨らみ続ける軍産複合体の実態を描き出している。また、出演者には言語学者のノーム・チョムスキーも名を連ねる。

エンリコ・パレンティとトーマス・ファツィ監督は同作についてのコメントの中で、沖縄の部分が作品にとって重要だったと明かし、「それは私たちが沖縄で目にしたことが、政治的、社会的、そして精神的になによりも衝撃的だったからです。しかし、それ以上に、沖縄で出会った方々に強く刺激を受けたからでもありました」と語っている。

『誰も知らない基地のこと』

2012年春よりシアターイメージフォーラムほか全国で順次公開
監督:エンリコ・パレンティ、トーマス・ファツィ
音楽:ステファノ・ピロ
出演:
ゴア・ヴィダル
ノーム・チョムスキー
チャルマーズ・ジョンソン
配給・宣伝:アンプラグド

(画像:『誰も知らない基地のこと』 ©Effendemfilm and Takae Films)

『誰も知らない基地のこと』 ©Effendemfilm and Takae Films
『誰も知らない基地のこと』 ©Effendemfilm and Takae Films
『誰も知らない基地のこと』 ©Effendemfilm and Takae Films
『誰も知らない基地のこと』 ©Effendemfilm and Takae Films
『誰も知らない基地のこと』 ©Effendemfilm and Takae Films
『誰も知らない基地のこと』 ©Effendemfilm and Takae Films
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で