ニュース

大泉洋と染谷将太がワイナリー営む兄弟役、『しあわせのパン』チームによる第2弾映画

大泉洋と染谷将太が兄弟役を演じる映画『ぶどうのなみだ(仮)』が、2014年秋に全国で公開されることがわかった。

同作は、昨年1月に公開された映画『しあわせのパン』のスタッフによる北海道を舞台にした映画企画の第2弾。北海道・空知で父の残した葡萄の木と小麦畑でワイナリーを営む兄弟を描いた作品だ。夢を失って故郷に戻り、ワイン作りに励む兄・アオ役を演じるのは、『しあわせのパン』で原田知世と夫婦役を演じた大泉。一度は家族を捨てたアオに素直に接することができないながらも、ワイン作りを手伝う弟のロク役を染谷が演じる。監督・脚本は『しあわせのパン』の三島有紀子が手掛けているほか、企画には大泉が所属するクリエイティブオフィスキューの鈴井亜由美が携わっている。撮影は全編が北海道で行われる。

大泉は同作について「今回はワインがテーマで染谷将太君と兄弟役をやらせてもらいます。染谷くんは僕よりもずっと若いですが、とても尊敬する役者さんで共演がとても楽しみです。北海道は景色も素晴らしいし、美味しい物も本当に多い。そんな誇らしい北海道から発信される映画をまた『しあわせのパン』のように全国の皆さんに温かく迎えていただけると嬉しいです」とコメント。

また染谷は「三島監督とご一緒するのは二度目となります。でもなぜか初めましてな感じがしました。逆に大泉さんはちゃんと話すのは初めてでほぼ初めましてだったのにお会いしたら初めましてじゃない感じがしました。なんだか素敵な意味で不思議な作品となりそうです。北海道の大地を噛み締めながら、ワインの香りにつつまれ、皆さんと生活してれば、ロクとしてそこに立てると確信しました」と手応えを語っている。

作品情報

『ぶどうのなみだ(仮)』

2014年秋に全国で公開
監督・脚本:三島有紀子
出演:
大泉洋
染谷将太
配給:アスミック・エース

(画像:左から大泉洋、染谷将太)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く 1

    IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く

  2. ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年 2

    ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年

  3. 西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい 3

    西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

  4. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編) 4

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編)

  5. TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの 5

    TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの

  6. 元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も 6

    元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も

  7. 佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇 7

    佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇

  8. 宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送 8

    宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送

  9. 吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』 9

    吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』

  10. 君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感 10

    君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感