ニュース

映画『受難』の予告編公開、女性器から罵倒する人面瘡&岩佐真悠子の全裸疾走も

12月7日から公開される映画『受難』から予告編が公開された。

姫野カオルコの同名小説が原作の『受難』は、性への好奇心に悶々とする清らかな女性・フランチェス子と、彼女の女性器に突然現れた人面瘡の「古賀さん」の共同生活を、セックスシーンやフルヌードシーンなどを交えながら過激かつユーモラスに描いた作品。

今回公開された予告編では、主人公のフランチェス子役を演じる岩佐真悠子が、人面瘡の古賀さんに「バカ」「身の程知らずのダメ女」などと罵られながら、奇妙な共同生活を送る様子が捉えられている。また、全裸で疾走する場面、岩佐が自らの股間を覗きこむ姿、男性に対して性的な質問をする場面など、赤裸々に性を描いたシーンも盛り込まれているほか、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の音楽でも知られる大友良英が手掛けた劇中音楽の一部も聴くことができる。

作品情報

『受難』

2013年12月7日(土)公開
監督・脚本:吉田良子
原作:姫野カオルコ『受難』(文春文庫刊)
音楽:大友良英
出演:
岩佐真悠子
淵上泰史
伊藤久美子
古舘寛治
奥浜レイラ
内田亜希子
青柳文子
配給:ファントム・フィルム

(画像:©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会)

『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」