ニュース

石橋英子の新アルバムは日英歌詞による2枚組作品、日本語担当は前野健太

石橋英子のニューアルバム『car and freezer』が、3月12日にリリースされる。

2012年のアルバム『imitation of life』がアメリカ・シカゴのレーベルDragCityからリリースされ、『New York Times』紙や『Guardian』紙でも取り上げられるなど、海外での評価も高まっている石橋。1月22日には石橋とジム・オルーク、山本達久によるバンド「カフカ鼾」の1stアルバム『okite』もリリースされた。

同作は2枚組作品となり、各ディスクではそれぞれ内容が異なる石橋による英語歌詞と、前野健太による日本語歌詞がフィーチャーされている。ゲストミュージシャンには、石橋自身のバンド「もう死んだ人たち」のメンバーであるジム・オルーク、須藤俊明、山本達久、波多野敦子をはじめ、高岡大祐、U-zhaan、類家心平、Kafkaらが名を連ねている。プロデュースと録音、ミックスは前作に引き続いてジム・オルークが担当。

リリース情報

石橋英子
『car and freezer』(2CD)

2014年3月12日発売
価格:2,730円(税込)
felicity cap-194 / PECF-1090/1

リリース情報

カフカ鼾
『okite』(CD)

2014年1月22日発売
価格:2,310円(税込)
felicity cap-189 / PECF-1086

1. okite

amazonで購入する

イベント情報

『WWW presents Touch My Piano vol.05』

2014年2月26日(水)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
高木正勝
石橋英子
料金:前売4,000円(ドリンク別)

イベント情報

『カフカ鼾1stアルバム「okite」リリース・パーティ』

2014年2月14日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
料金:予約3,000円(CD-R付き、ドリンク別) 当日3,000円(ドリンク別)

(画像:石橋英子)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図