ニュース

トイレが舞台のアートフェス『おおいたトイレンナーレ』に岡田利規、高山明、目ら16組

アートフェスティバル『おおいたトイレンナーレ 2015』が、7月18日から大分・大分市中心市街地で開催される。

今年が初開催となる同フェスは、大分市内にある屋外の公共トイレや、ファッションビルのトイレ、街の店舗内の個室トイレなど、誰もが使用する「閉ざされた空間」であるトイレを舞台に行われるもの。「ひらく」をコンセプトに、16組の作家がトイレという空間を活用した作品を制作する。総合ディレクターは、別府を舞台にしたアートフェスティバル『混浴温泉世界』の総合プロデュースを手掛ける山出淳也が務める。

参加作家は、上田假奈代、岡田利規(チェルフィッチュ)、川崎泰史、contact Gonzo、SUIKO、高山明(Port B)・小野正嗣・林立騎(Port観光リサーチセンター)、トーチカ、Nadegata Instant Party、西山美なコ・笠原美希・春名祐麻、藤浩志、藤本隆行(Kinsei R&D)、眞島竜男、松蔭浩之、宮崎勇次郎、目、安野太郎。会期中にはワークショップやパフォーマンスなどが行われる。

なお、大分県内では7月18日から『別府現代芸術フェスティバル2015「混浴温泉世界」』が行われる。

イベント情報

『おおいたトイレンナーレ 2015』

2015年7月18日(土)~9月23日(水・祝)
会場:大分県 大分市中心市街地各所
参加作家:
上田假奈代
岡田利規(チェルフィッチュ)
川崎泰史
contact Gonzo
SUIKO
高山明(Port B)・小野正嗣・林立騎(Port観光リサーチセンター)
トーチカ
Nadegata Instant Party
西山美なコ・笠原美希・春名祐麻
藤浩志
藤本隆行(Kinsei R&D)
眞島竜男
松蔭浩之
宮崎勇次郎

安野太郎

『おおいたトイレンナーレ 2015』メインビジュアル
『おおいたトイレンナーレ 2015』メインビジュアル
眞島竜男『現代美術史講座「現代アートはどこからきたのか』
眞島竜男『現代美術史講座「現代アートはどこからきたのか』
西山美なコ、笠原美希、春名祐麻『メルティング・ドリーム』
西山美なコ、笠原美希、春名祐麻『メルティング・ドリーム』
西山美なコ、笠原美希、春名祐麻『メルティング・ドリーム』
西山美なコ、笠原美希、春名祐麻『メルティング・ドリーム』
画像を拡大する(32枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)