トイレが舞台のアートフェス『おおいたトイレンナーレ』に岡田利規、高山明、目ら16組

アートフェスティバル『おおいたトイレンナーレ 2015』が、7月18日から大分・大分市中心市街地で開催される。

今年が初開催となる同フェスは、大分市内にある屋外の公共トイレや、ファッションビルのトイレ、街の店舗内の個室トイレなど、誰もが使用する「閉ざされた空間」であるトイレを舞台に行われるもの。「ひらく」をコンセプトに、16組の作家がトイレという空間を活用した作品を制作する。総合ディレクターは、別府を舞台にしたアートフェスティバル『混浴温泉世界』の総合プロデュースを手掛ける山出淳也が務める。

参加作家は、上田假奈代、岡田利規(チェルフィッチュ)、川崎泰史、contact Gonzo、SUIKO、高山明(Port B)・小野正嗣・林立騎(Port観光リサーチセンター)、トーチカ、Nadegata Instant Party、西山美なコ・笠原美希・春名祐麻、藤浩志、藤本隆行(Kinsei R&D)、眞島竜男、松蔭浩之、宮崎勇次郎、目、安野太郎。会期中にはワークショップやパフォーマンスなどが行われる。

なお、大分県内では7月18日から『別府現代芸術フェスティバル2015「混浴温泉世界」』が行われる。

イベント情報

『おおいたトイレンナーレ 2015』

2015年7月18日(土)~9月23日(水・祝)
会場:大分県 大分市中心市街地各所
参加作家:
上田假奈代
岡田利規(チェルフィッチュ)
川崎泰史
contact Gonzo
SUIKO
高山明(Port B)・小野正嗣・林立騎(Port観光リサーチセンター)
トーチカ
Nadegata Instant Party
西山美なコ・笠原美希・春名祐麻
藤浩志
藤本隆行(Kinsei R&D)
眞島竜男
松蔭浩之
宮崎勇次郎

安野太郎

  • HOME
  • Art,Design
  • トイレが舞台のアートフェス『おおいたトイレンナーレ』に岡田利規、高山明、目ら16組

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて