ニュース

都市という広大なランドスケープを創出する、建築家ドミニク・ペローの展覧会

フランスの建築家ドミニク・ペローを紹介する展覧会『ドミニク・ペロー 都市というランドスケープ』が、初台の東京オペラシティアートギャラリーで10月23日から開催される。

ドミニク・ペローは、80年代後半にフランス国立図書館の国際コンペティションを36歳の若さで勝ち取り、さまざまなプロジェクトを世界各地で進行させている建築家。ペロー作品の特徴は、強い造形性を帯びた、あるいはこれ以上ないほどシンプルなそのたたずまい。周辺に安易に迎合することなく、新しい建築をいかに文化的・地理的な背景と結びつけながら、現在も進行し続ける歴史の一部とするか、という視点を持っている。

同展では、フランス国立図書館に始まり、ベルリンの自転車競技場/オリンピック・プール、ソウルの梨花女子大学など、都市や自然とのつながりが熟考された作品を映像や模型によって検証しつつ、進行中のプロジェクトの設計過程をたどる。今秋竣工する「大阪富国生命ビル」のアトリウムに採用されたガラスウォールの実物大模型やプロダクトによるインスタレーションを展開することで、素材やディテイルの実践も紹介する。

『ドミニク・ペロー 都市というランドスケープ』

2010年10月23日(土)~12月26日(日)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー(初台)
時間:11:00~19:00(金・土曜は20:00まで、最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般1,000円 大・高生800円 中・小生600円

関連イベント

『オープン記念レクチャー』

2010年10月23日(土)
会場:東京オペラシティ リサイタルホール(東京オペラシティビルB1F)
時間:19:00~(入場18:30~)
講演者:ドミニク・ペロー
料金:無料
定員:240名(全席自由、逐次通訳付、要予約)
申込方法:10月上旬ウェブサイトで告知
※就学前のお子様の同伴・ご入場はご遠慮下さい

『ウィークエンド・ギャラリートーク』

2010年10月24日(日)、11月7日(日)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
時間:いずれも14:00~
スピーカー:前田茂樹(建築家、DPA元チーフアーキテクト)
料金:無料(当日の入場券が必要)
※予約不要、当日の参加状況により、人数制限を行う場合があります

(画像上から:自転車競技場/オリンピック・プール、ベルリン 1992-99 ©Georges Fessy / DPA / ADAGP、欧州司法裁判所、ルクセンブルク 1996-2008 ©Georges Fessy / DPA / ADAGP、梨花女子大学、ソウル 2004-08 ©André Morin / DPA / ADAGP、大阪富国生命ビル、大阪 2006-2010 ©DPA / ADAGP)

自転車競技場/オリンピック・プール、ベルリン 1992-99 ©Georges Fessy / DPA / ADAGP
自転車競技場/オリンピック・プール、ベルリン 1992-99 ©Georges Fessy / DPA / ADAGP
欧州司法裁判所、ルクセンブルク 1996-2008 ©Georges Fessy / DPA / ADAGP
欧州司法裁判所、ルクセンブルク 1996-2008 ©Georges Fessy / DPA / ADAGP
梨花女子大学、ソウル 2004-08 ©André Morin / DPA / ADAGP
梨花女子大学、ソウル 2004-08 ©André Morin / DPA / ADAGP
大阪富国生命ビル、大阪 2006-2010 ©DPA / ADAGP
大阪富国生命ビル、大阪 2006-2010 ©DPA / ADAGP
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと