ニュース

高円寺「円盤」主催の新春イベント、日本全国への『出張』で見つけた才能を紹介

高円寺のレコードショップ「円盤」が主催する新春イベントが、2011年1月7日から9日までの3日間にわたって東京・渋谷O-nestにて開催される。

同イベントは、今年7月で惜しまれつつも終了した円盤主催のシリーズイベント『円盤ジャンボリー』と同じ会場、同じ3日間開催という形式ながら、ショーケース色の強かった『円盤ジャンボリー』とは異なり、それぞれにコンセプトを持った3つのイベントが行われる。

1月7日の『円盤の新春歌い初め』は、落語や浪曲など本物の「芸」を持った面々が一堂に会する寄席スタイル。ドラマ『深夜食堂』の劇中でたくさんの歌が使われ話題を呼んだ歌手・鈴木常吉や、ブロークン三味線弾き語りの上野茂都と新内、端唄の柳家小春のデュオなど、普段なかなかに見ることのない各界の名手たちが登場する。

1月8日は、日本各地に円盤が出張販売で出向く企画『出張円盤』の先々で出会ったアーティストが集結。日本各地の知られざる個性と、その才能を紹介する。

最終日の1月9日は、神戸のアシッドフォークユニット「ゑでぃいまあこん」が主宰するレーベル「PONG KONG」からリリースをしているアーティストによる3マンライブ。ゑでぃいまあこんに加え、ちんぷんかんぷん、「手水」の元メンバー・本松洋子が登場。3夜とも、円盤でしか有り得ない出演者、組み合わせが揃っている。

『円盤の新春歌い初め』

2011年1月7日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 O-nest

出演:
鈴木常吉と泉邦宏と中尾勘二
上野茂都と柳家小春
松倉如子と渡辺勝
入船亭扇里(落語)
寒空はだか
岡山守治(浪曲)
出囃子:古池寿浩

『~出張円盤スペシャル~八犬伝』

2011年1月8日(土)OPEN 16:00
会場:東京都 渋谷 O-nest

出演:

ガンジー石原バンド
下山
松浦達彦バンド
地盤沈下
ヌルマユ永井
村岡ゆか
紙コップス
OH MY COW
3月33日

『~円盤presents~PONG KONG NIGHT』

2011年1月9日(日)OPEN 18:00
会場:東京都 渋谷 O-nest

出演:
ゑでぃいまあこん
本松洋子
ちんぷんかんぷん

料金:前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開