ニュース

第145回芥川賞・直木賞の候補作、現役大学生・水原涼ら全11作が明らかに

第145回『芥川賞』候補作品と『直木賞』候補作品が発表された。

芥川賞候補は、石田千『あめりかむら』(『新潮』2月号)、戌井昭人『ぴんぞろ』(『群像』6月号)、円城塔『これはペンです』(『新潮』1月号)、水原涼『甘露』(『文學界』6月号)、本谷有希子『ぬるい毒』(『新潮』3月号)、山崎ナオコーラ『ニキの屈辱』(『文藝』夏号)の6作品。なお、水原は平成生まれの現役大学生。受賞すれば男性最年少の受賞者となる。

直木賞候補は、池井戸潤『下町ロケット』(小学館)、島本理生『アンダスタンド・メイビー』(中央公論新社)、高野和明『ジェノサイド』(角川書店)、辻村深月『オーダーメイド殺人クラブ』(集英社)、葉室麟『恋しぐれ』(文藝春秋)の5作品。島本は、過去3回芥川賞候補に挙げられている。

選考会は7月14日17:00から東京・築地の新喜楽で行われる。

第145回『芥川賞』候補作品

・石田千『あめりかむら』(新潮2月号)
・戌井昭人『ぴんぞろ』(群像6月号)
・円城塔『これはペンです』(新潮1月号)
・水原涼『甘露』(文學界6月号)
・本谷有希子『ぬるい毒』(新潮3月号)
・山崎ナオコーラ『ニキの屈辱』(文藝夏号)

第145回『直木賞』候補作品

・池井戸潤『下町ロケット』(小学館)
・島本理生『アンダスタンド・メイビー』(中央公論新社)
・高野和明『ジェノサイド』(角川書店)
・辻村深月『オーダーメイド殺人クラブ』(集英社)
・葉室麟『恋しぐれ』(文藝春秋)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される