ニュース

アジア最大級の国際映画祭『第25回東京国際映画祭』が開催間近

アジア最大級の映画祭『第25回東京国際映画祭』が、10月20日から東京・六本木ヒルズほか都内の各劇場および施設・ホールなどで開催される。

1985年から開催されている同映画祭。今年は「今こそ、映画の力。」をキャッチコピーに掲げ、映画が持つ力を国境や世代を越えて広く届けることを目指す。

今回の特別オープニング作品は、東日本大震災の1年後の3月11日を捉えたリドリー・スコット製作総指揮によるドキュメンタリー映画『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』。公式オープニング作品はジェームズ・キャメロン製作総指揮による『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』となる。

特集上映では、香港映画界を代表するプロデューサーのレイモンド・チョウ、今年の同映画祭審査委員長を務める「B級映画の帝王」ことロジャー・コーマンを取り上げるほか、東京・日本橋にゆかりのある作品を上映するプログラム「日本橋で日本映画を観よう」が展開される。

世界中からの応募作品から選ばれた作品が集うコンペティション部門では、トルコのイェシム・ウスタオウル監督による青春映画『天と地の間のどこか』、ホロコースト問題に立ち向かった哲学者ハンナ・アーレントを描く歴史ドラマ『ハンナ・アーレント(原題)』、松江哲明監督が記憶障害に陥ったGOMAの姿を捉えた『フラッシュバックメモリーズ 3D』など15作品が上映。最優秀作品賞にあたる「東京サクラグランプリ」を競う。

今後公開される話題作をいち早く紹介する特別招待作品では、クリント・イーストウッドの俳優復帰作『人生の特等席』やダニエル・ラドクリフ主演作品『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』、日本からは『グッモーエビアン!』『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』『横道世之介』『のぼうの城』などが上映される。

さらに、日本の個性的なインディペンデント映画を中心に紹介する「日本映画・ある視点」や、今年の国際映画祭で話題になった作品などを上映する「WORLD CINEMA」、東アジアや中東・中央アジアから多彩な作品が多数出品される「アジアの風」など、多彩なプログラムが展開される。上映作品やスケジュール、関連イベントなどの詳細は、同映画祭のオフィシャルサイトで確認しよう。

『第25回東京国際映画祭』

2012年10月20日(土)~10月28日(日)
会場:東京都 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、シネマート六本木、日本橋三井ホールほか
※上映プログラム、スケジュールなどの詳細はオフィシャルサイト参照

(画像上から:『第25回東京国際映画祭』ロゴ、『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』©2011 Cirque du Soleil Burlesco LLC. All Rights Reserved. ©2012 PARAMOUNT PICTURES AND CIRQUE DU SOLEIL BURLESCO,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.、『フラッシュバックメモリーズ 3D』©SPACE SHOWER NETWORKS.inc、『天と地の間のどこか』、『横道世之介』©2013『横道世之介』製作委員会)

『第25回東京国際映画祭』ロゴ
『第25回東京国際映画祭』ロゴ
『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』©2011 Cirque du Soleil Burlesco LLC. All Rights Reserved. ©2012 PARAMOUNT PICTURES AND CIRQUE DU SOLEIL BURLESCO,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』©2011 Cirque du Soleil Burlesco LLC. All Rights Reserved. ©2012 PARAMOUNT PICTURES AND CIRQUE DU SOLEIL BURLESCO,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
『フラッシュバックメモリーズ 3D』©SPACE SHOWER NETWORKS.inc
『フラッシュバックメモリーズ 3D』©SPACE SHOWER NETWORKS.inc
『天と地の間のどこか』
『天と地の間のどこか』
『横道世之介』©2013『横道世之介』製作委員会
『横道世之介』©2013『横道世之介』製作委員会
画像を拡大する(37枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察