ニュース

工藤哲巳の国内20年ぶり回顧展『あなたの肖像』、日本初公開作含む代表作200点を展示

芸術家・工藤哲巳の回顧展『あなたの肖像―工藤哲巳回顧展』が、2014年1月19日まで大阪・中之島の国立国際美術館で開催されている。

篠原有司男や荒川修作らと共に「反芸術」世代の旗手として知られ、性や公害、原子力など、人間の生存に関わる根源的な問題やタブーに斬り込むなど、活動の拠点としたヨーロッパの近代ヒューマニズムを批判した作品や、ハプニングを発表した工藤。1990年に55歳で他界したが、1994年に行われた国立国際美術館での『工藤哲巳回顧展−異議と創造』をはじめ、2007年にパリ、2008年から翌年にかけてアメリカのウォーカー・アート・センターで大規模な回顧展が実現するなど、再評価の気運が高まっている。

工藤が最も好んで使用した題名である「あなたの肖像」を冠した今回の回顧展では、初期の絵画から、鳥籠や水槽などを使った多彩なオブジェやデッサン、94年の回顧展では紹介できなかったデッキチェアや乳母車を用いた1960年代半ばの作品群、さらにハプニングやパフォーマンスの記録写真や関連資料など、日本初公開の作品を含む国内外の代表作200点が展示されている。1962年に『第14回読売アンデパンダン展』に出品された大作『インポ分布図とその飽和部分に於ける保護ドームの発生』が日本で50年ぶりに公開されているのも見どころだ。

なお、同展は2014年2月から3月にかけて東京・東京国立近代美術館、4月から6月にかけて青森・青森県立美術館に巡回する。また、同展の特設サイトが公開中だ。


イベント情報

『あなたの肖像―工藤哲巳回顧展』

2013年11月2日(土)~2014年1月19日(日)
会場:大阪府 中之島 国立国際美術館 B3階展示場
時間:10:00~17:00、金曜日は19:00まで開館(入館は30分前まで)
休館日:月曜、年末年始(12月28日~1月4日)、ただし、11月4日、12月23日、1月13日は開館、11月5日、12月24日、1月14日は休館
料金:一般850円 大学生450円
※高校生以下・18歳未満無料、11月3日は無料観覧日

(画像上から:工藤哲巳『人間とトランジスタとの共生』1980−81年 国立国際美術館蔵 撮影:福永一夫 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013、工藤哲巳 1971年 撮影:工藤弘子 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013、工藤哲巳『X型基本体に於ける増殖性連鎖反応』1960年 東京都現代美術館蔵 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013、工藤哲巳『あなたの肖像』1963年 高松市美術館蔵 撮影:高橋章 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013、工藤哲巳『あなたの肖像'67』1967年 青森県立美術館蔵 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013)

工藤哲巳『人間とトランジスタとの共生』1980−81年 国立国際美術館蔵 撮影:福永一夫 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013
工藤哲巳『人間とトランジスタとの共生』1980−81年 国立国際美術館蔵 撮影:福永一夫 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013
工藤哲巳 1971年 撮影:工藤弘子 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013
工藤哲巳 1971年 撮影:工藤弘子 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013
工藤哲巳『X型基本体に於ける増殖性連鎖反応』1960年 東京都現代美術館蔵 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013
工藤哲巳『X型基本体に於ける増殖性連鎖反応』1960年 東京都現代美術館蔵 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013
工藤哲巳『あなたの肖像』1963年 高松市美術館蔵 撮影:高橋章 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013
工藤哲巳『あなたの肖像』1963年 高松市美術館蔵 撮影:高橋章 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013
工藤哲巳『あなたの肖像'67』1967年 青森県立美術館蔵 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013
工藤哲巳『あなたの肖像'67』1967年 青森県立美術館蔵 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2013
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る