ニュース

蛍光灯を駆使する蛍光灯バンド、初音源は『Let There Be Light』

蛍光灯バンドの初音源『Let There Be Light』が、12月25日にリリースされる。

KoyasとCartier Santos Sweet Ladyによる蛍光灯バンドは、ピックアップマイクで集音した蛍光灯のノイズを加工し、様々なビートやドローンなどを奏でるユニット。Fragmentと共に『FUJI ROCK FESTIVAL'13』のRED MARQUEEステージや『SonarSound Tokyo 2013』などに出演したことでも注目を集めている。

Koyas主宰のレーベル「psymatics」からリリースされる同作には、テクノやベースミュージックを軸にしたサウンドによる全7曲を収録。ダブやレゲエ、ヘビーメタル、ロック、ノイズなどの要素と、蛍光灯によるノイジーな音色を組み合わせた幅広い音楽性の作品になっている。なお、psymaticsのオフィシャルSoundCloudでは試聴音源が公開中だ。

リリース情報

蛍光灯バンド
『Let There Be Light』(CD)

2013年12月25日発売
価格:1,800円(税込)
psymatics / DQC-1210

1. Wrong Usage Feat. Enjo-G
2. Jah Fluorescent Feat. Enjo-G
3. Step Into The Light
4. 7.26 Feat. Fragment
5. Occam's Razor Feat. Enjo-G
6. Fire Glow Starter Feat. Enjo-G
7. Let There Be Light

amazonで購入する

(画像上:蛍光灯バンド、画像下:蛍光灯バンド『Let There Be Light』ジャケット)

蛍光灯バンド
蛍光灯バンド
蛍光灯バンド『Let There Be Light』ジャケット
蛍光灯バンド『Let There Be Light』ジャケット
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル