ニュース

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2020』に出演予定だったアーティストを発表

音楽イベント『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2020』に出演予定だったアーティストが発表された。

8月8日から10日の3日間にわたって茨城・国営ひたち海浜公園で行なわれる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が発表されていた同イベント。本日6月9日に出演アーティストの最終発表を予定していたことから、5月15日に開催中止発表をした時点で出演が決まっていたアーティストが発表されることになった。

出演を予定していたアーティストは、あいみょん、秋山黄色、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ACIDMAN、天月-あまつき-、雨のパレード、あゆみくりかまき、[Alexandros]、アンジュルム、androp、indigo la End、UVERworld、打首獄門同好会、ACE COLLECTION、Aimer、おいしくるメロンパン、OAU、大塚愛、THE ORAL CIGARETTES、OKAMOTO'S、Official髭男dism、オメでたい頭でなにより、KANA-BOON、感覚ピエロ、KEYTALK、きゃりーぱみゅぱみゅ、キュウソネコカミ、9mm Parabellum Bullet、King Gnu、Creepy Nuts、クリープハイプ、グループ魂、KREVA、the quiet room、ゲスの極み乙女。、欅坂46、go!go!vanillas、ゴールデンボンバー、coldrain、コレサワ、SILENT SIREN、Saucy Dog、サカナクション、Survive Said The Prophet、さユり、サンボマスター、SHE'S、G-FREAK FACTORY、ジェニーハイ、シシド・カフカ、SIX LOUNGE、四星球、SUPER BEAVER、スキマスイッチ、SCANDAL、鈴木愛理、ずっと真夜中でいいのに。、ストレイテナー、SPARK!!SOUND!!SHOW!!、SPYAIR、sumika、Czecho No Republic、chelmico、Dizzy Sunfist、teto、でんぱ組.inc、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、TOTALFAT、ドラマストア、Nulbarich、NUMBER GIRL、ネクライトーキー、Novelbright、Half time Old、HYDE、Vaundy、バックドロップシンデレラ、back number、THE BACK HORN、ハルカミライ、Hump Back、BBHF、ひかりのなかに、BIGMAMA、ビッケブランカ、BiSH、平井大、Fear, and Loathing in Las Vegas、FOMARE、フジファブリック、BRADIO、FLOWER FLOWER、BLUE ENCOUNT、フレデリック、フレンズ、HEY-SMITH、Base Ball Bear、PEDRO、ベリーグッドマン、THE BAWDIES、Poppin'Party、POLYSICS、ポルカドットスティングレイ、My Hair is Bad、マカロニえんぴつ、マキシマム ザ ホルモン、魔法少女になり隊、ミオヤマザキ、宮本浩次、milet、MUCC、め組、モーニング娘。'20、MOSHIMO、ももいろクローバーZ、矢井田瞳、ヤバイTシャツ屋さん、ヤングオオハラ、ユアネス、UNISON SQUARE GARDEN、yonige、夜の本気ダンス、Lucky Kilimanjaro、LAMP IN TERREN、リーガルリリー、reGretGirl、LiSA、Little Glee Monster、緑黄色社会、ROTTENGRAFFTY、忘れらんねえよ、WANIMA、WANDS。

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2020』に出演予定だったアーティスト
『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2020』に出演予定だったアーティスト
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察