ニュース

コレクターの視点から眺望するフランスの現代美術シーン、デュシャン作品も展示

フランス現代アートシーンの10年をコレクターの視点から眺望する『フレンチ・ウィンドウ展:デュシャン賞にみるフランス現代美術の最前線』が、東京・六本木の森美術館で3月26日から開催される。

同展は、フランスで最も権威ある現代美術コレクターの団体「ADIAF」が主催する『マルセル・デュシャン賞』の設立10周年を記念したもの。同賞のグランプリ受賞作家に加え、一部最終選考作家とデュシャン本人を含む28人のアーティストを一挙に公開する。

フランス窓をモチーフにしたデュシャンの代表作『フレッシュ・ウィドウ』にちなんで名付けられた同展は、窓をテーマにした「デュシャンの窓」「窓からの眺め」「時空の窓」「こころの窓」「窓の内側で」の5部から構成されており、デュシャンの主要作品を含む、世代も文化背景も異なる作家たちの絵画、彫刻、写真、インスタレーション、ビデオ作品など、近年活気を増し国際的にも注目されるフランス現代美術のエッセンスを紹介。また、作品を飾ったコレクターのアパルトマンも会場内に再現される。

日常生活や時間、都市の心象風景を独創的に表現したフランス現代アートの今を体感すると共に、アートと生活のあり方やコレクターがアートシーンで果たす役割について、幅広く考える機会となるだろう。

※東北地方太平洋沖地震の影響により会期が変更になりました


『フレンチ・ウィンドウ展:デュシャン賞にみるフランス現代美術の最前線』

2011年3月26日(金)~8月28日(日)
会場:東京都 六本木 森美術館(六本木ヒルズ森タワー 53階)
時間:10:00~22:00(火曜のみ17:00まで。5月3日は22:00まで。入館は閉館30分前まで)
料金:一般1,500円 学生(高校・大学生)1,000円 子供(4歳~中学生)500円
※3月26日(土)『六本木アートナイト2011』開催に伴い、翌朝6:00まで
※会期中無休

『トーク・セッション「マルセル・デュシャン賞とフランスのアートシーン」』

2011年3月18日(金)19:00~21:00
会場:アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー)
定員:250名(要予約)
料金:一般1,000円 MAMCメンバー無料
※日英仏・手話同時通訳付

出演予定:
ジル・フックス(ADIAF代表)
フローランス・ゲラン(ADIAF副代表)
ダニエル・ゲラン(ADIAF財務担当官)
三木あき子(ゲスト・キュレーター)
ジャン=マルク・プレヴォー(ゲスト・キュレーター)
南條史生(森美術館館長)

『アーティストトーク』

2011年3月19日(土)14:00~16:00
会場:森美術館展示室内
定員:80名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)
出演予定:ローラン・グラッソ、マチュー・メルシエ、ほか
※日英同時通訳付

『ギャラリートーク』

2011年3月30日(水)14:00~15:00
2011年4月13日(水)19:00~20:00
2011年4月27日(水)19:00~20:00
2011年5月11日(水)19:00~20:00
2011年5月25日(水)19:00~20:00
2011年6月8日(水)14:00~15:00
2011年6月22日(水)19:00~20:00
会場:森美術館展示室内(展覧会場入口にお集まりください)
定員:各回15名(当日先着順、予約不要)
料金:無料(要展覧会チケット)
※日本語のみ

『ベビーカーツアー』

2011年4月19日(火)、5月21日(土)各回11:00~12:00
対象:未就学児(0~6歳)とその保護者
定員:各回10組(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)

『おやこでおしゃべりツアー』

2011年4月19日(火)、5月21日(土)各回15:00~16:00
対象:未就学児(0~6歳)とその保護者
定員:各回10組(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)

『スペシャルこどもツアー』

2011年5月5日(木・祝)
時間:10:30~12:00
対象:小学生
講師:南條史生(森美術館館長)
定員:20名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)

『シニア向けツアー』

2011年6月17日(金)
時間:10:30~12:00
対象:シニア世代の方(60歳以上)※同伴者がいる場合、同伴者の年齢は問いません。
定員:10名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)

『手話ツアー』

2011年6月3日(金)19:00~20:00
2011年6月25日(土)15:00~16:00
対象:一般
定員:各回10名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)

『耳と手でみるアート』

2011年6月25日(土)
時間:11:00~12:30
対象:視覚に障害がある方
定員:8名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)

『先生のためのツアー』

2011年4月14日(木)
時間:18:30~20:00
対象:保育園、幼稚園、小・中・高等学校、大学、専門学校の先生
定員:50名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)

『とびだす学校ツアー』

1人当たり入館料:保育園、幼稚園、小・中学校は無料 高等学校500円 大学、専門学校1,000円
※引率者は無料

(画像上から:ブリュノ・ペナド 《無題、大きな一つの世界》 2000年 発泡スチロール、樹脂、ポリウレタン絵の具、木 240 x 170 x 100 cm 所蔵:ポワトゥー・シャラント地域現代芸術振興基金 Photo: Christian Vignaud © ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011、マチュー・メルシエ 《無題》 2007年 アクリルガラス 190 x 120 x 50 cm 所蔵:ランゲ&プルト・ギャラリー Photo: Sully Balmassière © ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011、ヴァレリー・ベラン 《無題》 2006年 ピグメント・プリント 125 x 100 cm 所蔵:エマニュエル&ジュローム・ド・ノワルモン、パリ Courtesy: Galerie Jèrôme-de-Noirmont, Paris © ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011、サーダン・アフィフ 《どくろ》 2008年 ロックウール、木、ステンレス鋼球、照明 サイズ可変 展示風景: ペイ・ドゥ・ラ・ロワール現代芸術振興基金「ひとつ」展、2008年 所蔵:フランス国立現代美術コレクション、パリ Photo: Jonathan Boussaert Courtesy: galerie Michel Rein, Paris)

ブリュノ・ペナド 《無題、大きな一つの世界》 2000年 発泡スチロール、樹脂、ポリウレタン絵の具、木 240 x 170 x 100 cm 所蔵:ポワトゥー・シャラント地域現代芸術振興基金 Photo: Christian Vignaud © ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011
ブリュノ・ペナド 《無題、大きな一つの世界》 2000年 発泡スチロール、樹脂、ポリウレタン絵の具、木 240 x 170 x 100 cm 所蔵:ポワトゥー・シャラント地域現代芸術振興基金 Photo: Christian Vignaud © ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011
マチュー・メルシエ 《無題》 2007年 アクリルガラス 190 x 120 x 50 cm 所蔵:ランゲ&プルト・ギャラリー Photo: Sully Balmassière © ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011
マチュー・メルシエ 《無題》 2007年 アクリルガラス 190 x 120 x 50 cm 所蔵:ランゲ&プルト・ギャラリー Photo: Sully Balmassière © ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011
ヴァレリー・ベラン 《無題》 2006年 ピグメント・プリント 125 x 100 cm 所蔵:エマニュエル&ジュローム・ド・ノワルモン、パリ Courtesy: Galerie Jèrôme-de-Noirmont, Paris © ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011
ヴァレリー・ベラン 《無題》 2006年 ピグメント・プリント 125 x 100 cm 所蔵:エマニュエル&ジュローム・ド・ノワルモン、パリ Courtesy: Galerie Jèrôme-de-Noirmont, Paris © ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011
サーダン・アフィフ 《どくろ》 2008年 ロックウール、木、ステンレス鋼球、照明 サイズ可変 展示風景: ペイ・ドゥ・ラ・ロワール現代芸術振興基金「ひとつ」展、2008年 所蔵:フランス国立現代美術コレクション、パリ Photo: Jonathan Boussaert Courtesy: galerie Michel Rein, Paris
サーダン・アフィフ 《どくろ》 2008年 ロックウール、木、ステンレス鋼球、照明 サイズ可変 展示風景: ペイ・ドゥ・ラ・ロワール現代芸術振興基金「ひとつ」展、2008年 所蔵:フランス国立現代美術コレクション、パリ Photo: Jonathan Boussaert Courtesy: galerie Michel Rein, Paris
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材