toe発起のライブハウス支援プロジェクトにナンバガ、東京事変、ceroら約70組

プロジェクト「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19」が始動。あわせて特設サイト「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19」が4月19日にローンチした。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、収益が得られなくなった全国120か所以上のライブハウスと連携し、支援を行なう同プロジェクト。ライブハウスに対して、「できるだけたくさんの現金を集めて素早く手渡す」ことをテーマに、toeの発起によってスタートした。ライブハウスは店舗同士での組合的な横の繋がりがないことから、スピーディーにECストアを開設できるサービスのSTORESを活用し、プラットフォームを設計したという。

プロジェクトではtoeの声掛けにより約70組のアーティストが賛同。賛同したアーティストはドネーションの意を込めて無償で楽曲の提供を行なった。そのうち未発表曲や新曲も含まれている。

支援者は特設サイトで、登録されている全国のライブハウスの中から支援したいライブハウスのECストアを検索し、選択。「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19 フォルダ」のアクセス権をダウンロード購入することで各ライブハウスを直接支援することができる。フォルダ内には「支援へのお礼」として各アーティストによる楽曲のデータを置いているため、支援者は6月末まで視聴することができる。支援自体も6月末まで実施予定。

参加アーティストは、Aco、ASPARAGUS、bacho、BACK DROP BOMB、BED、BRAHMAN、cero、Chara、clammbon、Crypt City、DATS、downy、ent、envy、GEZAN、heaven in her arms、HUSKING BEE、Julia Shortreed、kensuke ushio a.k.a agraph、KONCOS、LEARNERS+TUCKER、LITE、LITTLE CREATURES、LITTLE TEMPO、LOSTAGE、mabanua、malegoat、MONO & A.A.Williams、MONOEYES、mouse on the keys、mullet、NONA REEVES、NUMBER GIRL、OOIOO、outside yoshino、Ropes、ROVO、Salyu with 内橋和久、sawagi、skillkills、SODA!、starRo、stim、THA BLUE HERB、the band apart、the HIATUS、toe、TOKYO No.1 SOUL SET feat. ぎぎぎのでにろう、TURTLE ISLAND、WUJA BIN BIN、YOUR SONG IS GOOD、キセル、コトリンゴ、スカート、スガダイロー、スチャダラパー、ホテルニュートーキョー、んoon、安藤裕子、一十三十一、期待外れにも程GIRL、向井秀徳アコースティック&エレクトリック、在日ファンク、思い出野郎Aチーム、七尾旅人、渋さ知らズ、石野卓球、赤犬、田我流、東京事変、蓮沼執太&U-zhaan、會田茂一。

toeのコメント

新型コロナウイルスの流行に伴い布告された政府からの自粛要請により3月初旬から日本国内ほぼ全てのライブハウスは営業を行うことができていません。
2020年4月18日現在、依然、収束の目処は立っておらず、営業再開まで暫く時間がかかりそうです。
国や自治体等公共機関からの融資緩和政策、補償の話も少しずつ出てきてはいますが日々、唯一の収入源であるライブが開催できない現状において、これから先すぐ、金銭的に困窮する店舗が多数にのぼると予想されます。

僕たちバンドをやっているもの全てがライブハウスで演奏してきました。
今後、どのくらいの期間でこのウイルス流行が収束するのか、現時点では誰にもわかりませんがもし、また以前ように人々が集まってライブが行えるような世の中になった時、ライブハウスが無くなってしまっていたら、僕達はどこで演奏すればいいのでしょうか。
今、ライブハウスを支援する手助けを行うことは、僕達バンド活動をしている自分自身を救うことにもなるという想いで、このプロジェクトを発起しました。

僕らが直接オファーできる範囲で声を掛け、約70ほどのバンド、ミュージシャンの皆さんが賛同し、無償での楽曲提供に応じてくれました。
ひとつのバンドでやれること、ひとつのバンドでしかやれないことはありますが今回、団結することで、更に大きな支援の手助けができるのではないか

MUSIC UNITES AGAINST COVID-19

音楽を好きな人が集まり、バンドが演奏する。ライブでしか得られない何か。
そういうものが今後、無くなってしまうことは、僕には耐えられないのです。
このサイトを見てくれた皆さんにもそういう気持ちに共感してもらえることを信じています。

  • HOME
  • Music
  • toe発起のライブハウス支援プロジェクトにナンバガ、東京事変、ceroら約70組

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて