160人の作家が挑戦した「履く」アート、実際に購入も可能な展覧会

安西水丸、日比野克彦、佐藤可士和ら160人のアートディレクター、デザイナー、イラストレーターが「シューズ」のデザインに挑戦した『CREATION Project 2010「HEY! SHOES」160人のクリエイターによる履くアート』が、東京・銀座のクリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンにて12月24日まで開催されている。

同展では、アメリカのスニーカーブランドPRO-Keds(プロケッズ)のベーシックなキャンバススニーカーをベースに、ハイカットまたはローカットのいずれかのタイプでクリエイターが制作したデザインを、インクジェットプリントし加工。クリエイターの遊び心とアイデア溢れる楽しいものから、アーティスティックなスニーカーまで、街を元気に歩きたくなるような160足のデザインが揃う。

2つの会場では、あわせて160種類のスニーカーを展示。予約形式で注文販売しており、好きなデザインを23.5cm~33cmまで指定のサイズで作ることもできる。価格は1足8,000円となっており、収益金はユニセフに寄付される。


『CREATION Project 2010「HEY! SHOES」160人のクリエイターによる履くアート』

2010年11月24日(水)~12月24日(金)
会場:東京都 銀座 クリエイションギャラリーG8、ガーディアン・ガーデン
時間:11:00~19:00
休館日:日曜(土曜日と12月23日は開館)
料金:無料

(画像上から:イベントフライヤー、木住野彰悟デザインスニーカー、佐野研二郎デザインスニーカー、渡邉良重デザインスニーカー)

  • HOME
  • Art,Design
  • 160人の作家が挑戦した「履く」アート、実際に購入も可能な展覧会

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて